ホーム

国の教育ローンで学資を得るには

学費がなければ学校で学ぶことはできませんので、教育ローンなどで学ぶための資金を得る必要があります。

入学金や授業料などの支払いに必要な学資は、親であればあらかじめ積み立てておくのが最善です。

 

近年では、何らかの事情で親の側の蓄えが乏しく、子供が進学を望んでいるけれど、そのためのお金が出してあげられないことがあります。

 

子供が進学を望みつつ、親が教育費用を出せない場合は、国の機関が取り扱っている教育ローンを申し込むといいでしょう。

教育費をどうやって確保するかは色々なやり方がありますが、その中に国の教育ローンがあります。

 

親が、子供の教育費を融資してもらうためのローンであり、日本政策金融公庫が取り扱っている教育を目的としたローンです。

金利は年2%、融資の上限金額は350万円が、基本的な貸付条件になっています。

 

ただし世帯所得によって借入れには制限があり、子供が1人であれば原則として、世帯年収が790万円以下であることが条件となっています。

教育ローン

 

国の教育ローンは銀行などから申し込みが可能

自分の家庭が条件を満たしているか、確認するのが大変かもしれませんが、そこさえ何とかなれば、審査に通ること自体は難しくありません。

 

公的な教育ローンのいいところは、民間の審査ではやや通りにくいという人でも、条件を果たしていれば融資の可能性が高いところです。

 

教育費を確保するために、国の教育ローンを申し込みたいという場合は、銀行等で申し込めますので、不明点を聞くのもいいでしょう。

 

今では、インターネットのホームページから、教育ローンの申し込みができるようになりましたので、家にいながら必要な手続きを行うことができます。

 

銀行カードローン審査落ちしないために必要なことが参考になりました。

 

 

銀行で借りられる学資ローン

学費として奨学金や公的ローンが使えない時は、民間の学資ローンを使うという方法があります。

金利は少し高めに設定されていますが、民間のほうが、審査が通りやすいというメリットがあります。

 

国からの融資だけでは、学資が不足する場合には、民間銀行のローンを併用することもできます。

参考書を購入したり、県外に進学した時の生活費として使えるような学資ローンもあります。

 

受験のために必要な費用や、カバンや制服など学用品を買う時にも利用できますので、融資金を広く教育費用に充てることができます。

 

留学のための費用や、学生寮での生活費など、広く学ぶために必要な費用としてまかなあことが可能です。

学資ローンの申し込みには、収入証明書の提出が求められます。

 

教育ローン

 

学資ローンは返済計画を立ててから借りよう

パートや、アルバイトの収入でも学資ローンの利用は可能ですが、あまりに低収入だと審査を受けても断られることがあるようです。

 

他社ですでに何らかの借入れがある場合は、ローンの審査に多少影響する可能性があります。

多くの場合、親が子供の教育費を確保するために、学資ローンの申し込みをする傾向があります。

 

借入期間は金融機関によって違いますが、多くの場合は、借りた金額を全額返済するまで3年程度が目安となっています。

借りたお金をどうやって返すか、きちんとビジョンを立ててから、学資ローンを借りるといいでしょう。

学資を準備するために使えるローンは

教育ローンか、奨学金が、学資を何らかの方法で調達しなければならない時の方法といえます。

民間の金融機関から借り入れが可能なものが教育ローンです。

 

子供の学資にあてるお金を調達したい時に借り入れるものです。

借りた資金の使途が明確になっているため、より低い金利で融資が可能であり、まとまった金額を借りられます。

 

審査のハードルが比較的低い教育ローンですが、やはり申し込み者の信用がないと、高額融資は不可能です。

教育資金としては、奨学金制度を利用して、学資を調達するという方法もあります。

 

教育ローンは子の学資を親が借りますが、奨学金は本人の借り入れになります。

奨学金は、返済が義務づけられている場合は、利子がつくものと、利子をつけずに返済ができるものがあります。

教育ローン

 

親が借りるか、子供が借りるかの違いがある

利子がつくといっても、奨学金の金利は教育ローンの金利よりはずっと低いために、返済はスムーズに行うことが可能です。

返済が必要なタイプの奨学金は、連帯保証人の同意がなければ借り入れができません。

 

奨学金を受け取る者の親が、連帯保証人として名を連ねることになります。

 

つまり、奨学金の返済は借りた本人が行わなければなりませんが、もしも返済が不可能になったなら、連帯保証人に支払い義務が生じます。

 

もしも、社会人になってから大学に入学し、学資が必要になった時には、連帯保証人としての親がいなくても借り入れができます。




サーチ
テーマ
最近の投稿